運営原則

第1章 総則

第1条

この会は、糸満高等学校同窓会(以下「この会」という。)と称す。

(目 的)
第2条

この会は、会員相互の親睦を深めるとともに、糸満高等学校の発展に寄与することを目的とする。

(事 業)
第3条

この会は、前条の目的を達成するため、役員会で適当と認める事業を行う。
ただし、第21条(代議員会の権限)に規定する記念事業等は除く。

(事業所)
第4条

1.この会の事務所は、糸満市字糸満1696番地の1糸満高等学校(以下「糸満高等学校」という。)
内に置く。

2.前項の事務局に事務局長及び会計(1名)をおく。

3.この会は、必要の地に支部を置くことができる。

(広告等の方法)
第5条

この会の伝達等は、マスメディアを利用するなど、適当な方法によって行なう。

第2章 会員

(会員の資格)
第6条

この会は、次に上げる者で組織する。

1.糸満高等学校の卒業生(定時制を含む)

2.糸満高等学校に在籍したもので、第25条の規定する会費を納入した者。

3.現職校長及び糸満高等学校に勤務した教職員で入会を希望する者。

(名誉会員)
第7条

前条の規定のほかに、この会に功績のあったもので役員会が入会を認めたものを名誉会員とすることができる。

(会員の権利)
第8条

1.会員(名誉会員を含む)は、平等にこの会の事業に参画することができる。また、その便益を受けることについても同じである。
ただし、名誉会員は、代議員になることはできない。

2.会員は、この会の目的に沿い、事業の発展のために協力するものとする。

第3章 役員

(役員の構成)
第9条

この会に次の役員をおく。

(役員の選任)
第10条

(役員の任期)
第11条

(補欠役員)
第12条

(役員の任務)
第13条

役員の任務は次のとおりとする。

(役員会)
第14条

1.役員会は、重要事項の審議機関として役員で組織し、次項について、審議・決定すると共に事務の執行に関し、その処理を決定する。

2.前項第4号に関する事項であって、この会の合併もしくは解散を伴う事項または役員会が必要と認めた事項については、総会の承認を
得ることを要する。

3.役員会は、必要に応じ、会長が召集する。

4.各役員は、会長に役員会を開くよう求めることができる。

(監 事)
第15条

(顧 問)
第16条

この会に顧問を置き、歴代の会長をこれにあてる。

第4章 代議員会と総会

(代議員会の構成)
第17条

この会に最高決議機関として、代議員によって組織する代議員会を置く。

(代議員の選任)
第18条

(準用規定)
第19条

代議員の任期と補欠選任については、第11条(役員の任期)と第12条(補欠役員)の規定を読み替えて適用する。
ただし前条第2項(母校在職代議員)については、この限りではない。

(代議員会の権限)
第20条

代議員会は、この会または、母校の大規模の記念事業等の計画・実施または支援について、審議決定し、その執行にあたる。

(代議員会の召集)
第21条

(代議員会の議長、決議)
第22条

(総 会)
第23条

第5章 会 計

(会計年度)
第24条

この会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(終身会費)
第25条

会員は、入会の際、終身会費 2,000円を納めることを要する。

(経 費)
第26条

この会の運営に必要な経費は、会費、寄付金そのほかの収入で充てる。

第6章 雑 則
附 則

昭和59年2月23日

昭和60年6月28日

昭和61年8月22日

平成10年2月14日

平成13年4月24日

平成14年4月19日

平成15年5月27日

平成16年5月17日

平成25年6月10日

平成28年5月 9日

! 同窓会についてALUMNI ASSOCIATION

怒涛への会員登録、または会員情報の変更をご希望の方は下記のボタンからお進み下さい。

広告バナー募集

同窓会員が経営する会社・お店、または勤務先をご紹介する有料広告スペースです。運営財源の確保と同窓生相互のコミュニティ等を図ることを目的として、卒業生が在籍する企業・団体を対象に、バナー広告の掲載を募集しております。 ぜひ、旧友との仕事情報の交換等にもご活用ください。

詳しくはこちらから